国会での活動

(平成24年11月19日) 党本部総裁応接室にて

「福島県原子力損害賠償対策協議会の党本部要望活動」

岩城から向かって右隣は、鴨下一郎党幹事長代理
福島県原子力損害賠償対策協議会の中央要望で、党本部にご案内しました。党幹事長代理であり、“福島再興に関する委員会”の委員長(委員長代理が岩城)でもある鴨下一郎先生が対応しました。村田副知事や役員の皆様からは、発災当時からの検証を根本的にやり直し、地元の要望に対する国の方針をしっかり打ち立てて欲しいということや、農業従事者の将来に対する取り組み課題などについて、率直な要望をいただきました。鴨下幹事長代理は、一日も早く政権奪取を実現し、復興を加速していかなければならないと、応じました。

(平成24年11月16日) 参議院本会議にて

「議院運営委員会の委員長報告」

衆議院の解散に伴い、参議院もこの日を以って閉会となります。議院運営委員会で審議・採決された法案について、委員長として報告をいたしました。「国会議員定数削減が法律で規定されるまでの間、歳費と期末手当を20%減額する」という件です。この法律案は全会一致をもって原案どおり可決いたしました。

(平成24年11月16日) 参議院自民党会議室にて

「参議院自民党議員総会」

議運委員長として挨拶
本日午後の衆議院本会議で、解散になりますので、今国会最後の議員総会です。

(平成24年11月15日) 参議院議員会館講堂にて

「TPP交渉参加断固阻止 JAグループ福島代表者要請集会」

野田総理は、19日にカンボジアで行われる日米首脳会談で、オバマ大統領にTPP交渉に参加する意向を伝えるようです。JAグループから、福島県選出の国会議員に“断固阻止”の要請がありました。国土を守る農業・食の安全を守る農業を確立し、国益を守るべく、改めて反対の立場で臨んでまいります。

(平成24年11月13日) 自民党本部会議室にて

「政務調査会:環境部会・原発事故被害者の生活支援及び産業再生に関する委員会 合同会議」

この日は、①放射性物質拡散シュミレーションの試算結果について、②除染の現状についての2つの議題でした。①については、誤入力や、地形を考慮しないで予測するなど、まったく基本的なところでのミスであり、もっと真剣に臨むべきです。②の除染は、これまで指摘してきた課題(中間貯蔵施設・最終処分場の整備、仮置き場からの運搬方法等)が改善されておらず、対応の遅さが目立ち過ぎます。国の責任で除染する、という方針はあるものの、実行が伴わない現状に、苛立ちを感じます。

(平成24年11月12日) 自民党本部会議室にて

「自民党福島県連女性部中央研修会」

研修に先立ち、県連会長として挨拶
県内各地から約120名の参加でした。この後、茂木前政調会長、島尻女性局長の講演があり、夜の懇親会には安倍総裁も出席することになっています。福島の復興を加速するためにも、党員一丸となって総選挙に臨まなければなりません。女性パワーを十分に発揮されることを期待しています。

(平成24年11月8日) 自民党本部にて

「党本部への要望 安倍総裁、石破幹事長、甘利政務調査会長」

安倍総裁・石破幹事長に説明する内堀副知事
甘利政調会長へ
午前中の福島復興委員会に続いて、午後からは自民党本部で、安倍総裁・石破幹事長・甘利政調会長へ、福島復興へ向けた喫緊の課題について、説明・要望をいたしました。主なものは、○ふくしま産業復興企業立地補助金について ○研究開発拠点について ○戦略的道路整備について○再生可能エネルギー推進のための農地法等の規制緩和について ○福島特措法に関する税制措置についてです。 内堀副知事、自民党県連幹部は、各省庁に要望をしても、一向に進まない背景についても、率直に訴えました。

(平成24年11月8日) 自民党本部会議室にて

「参議院政策審議会:原発被害からの福島復興委員会(第5回)」

委員長としての挨拶
復興庁・文科省・厚労省・農水省・経産省・国交省・環境省から担当者が出席し、内堀副知事と県議からの要望・質問に対して、答弁がありました。 内容は、○ふくしま産業復興企業立地補助金について ○研究開発拠点について ○戦略的道路整備について○再生可能エネルギー推進のための農地法等の規制緩和について ○福島特措法に関する税制措置について ○農林地及び農業水利施設の除染について○JR常磐線の早期復旧について ○医師・看護師の確保について 等々です。大震災から1年8ヶ月が経ってなお、復興への道のりは遠く、この日も、多くの宿題を持ちかえりました。

(平成24年11月7日) 参議院議員会館自民党会議室にて

「参議院自民党全議員懇談会」

(正面左から3番目に岩城)
中曽根会長はじめ役員からの挨拶の後、自由討議に入りました。

(平成24年11月7日) 自民党本部会議室にて

「自民党トラック輸送振興議連総会」

自民党トラック輸送振興議員連盟総会が開かれました。平成25年度の税制改正に関して、全日本トラック協会から各種の要望をいただきました。軽油引取税の旧暫定税率廃止をはじめ、高速道路料金引き下げ、消費税引き上げに伴う燃料課税の軽減及び価格転嫁策の促進、など要望は広範にわたります。要望項目のできるかぎり多くの実現に向け、努めてまいります。

(平成24年11月2日) 参議院議長応接室にて

「参議院議院運営委員会」

(議運委員長挨拶)
委員長に選任されてから、初めての議院運営委員会です。議長応接室(議長サロンとも言う)は、国会らしい趣きのある部屋です。就任早々、与野党それぞれの立場もあり、難しい舵取りを担うことになりましたが、誠心誠意、職責を果たすつもりです。