国会での活動

(平成25年3月26日) 参議院議員会館会議室にて

「双葉地方森林組合からの要望と意見交換」

(秋元公夫組合長から要望書を受け取る岩城)
(意見交換にて、ご挨拶)
双葉地方森林組合の秋元組合長他、15名の理事の皆様から5区在住の国会議員が要望をいただいた後、意見交換をいたしました。内容は、①山林等の「賠償基準」の早期制定について ②森林組合の営業損害について ③賠償金の税制上の取り扱いについて、です。他の業種に比べて、林業関係者への損害賠償が遅れています。それらの実現に向けて、政府に強く要請いたします。

(平成25年3月25日) 参議院議長応接室、及び本会議場にて

「コートジボワール共和国・国民議会議長の参議院表敬訪問」

(議長応接室にて。右から2番目に岩城~平田議長~山崎副議長)
(本会議場の議席で、押しボタンでの投票について、ソロ議長に説明)
コートジボワール共和国は、西アフリカに位置し、かっては「象牙海岸共和国」と呼ばれていました。同国から、キバフォリ・ギョーム・ソロ国民議会議長一行が参議院議長を表敬訪問しました。ソロ議長はまだ40才と若い政治家ですが、2003年、30才で通信大臣に、2007年には首相に就任(~2010年)しました。その後、2011年12月に国民議会議員に選出され、2012年3月からは議長の職にあり、同国を代表する政治家です。

(平成25年3月14日) 自民党本部会議室にて

「自民党日本・モンゴル友好促進議員連盟総会」

(武部勤前会長の挨拶。右端に岩城)
モンゴルは親日的な国です。武部前会長と林幹雄新会長から挨拶がありました。その後、フレルバートル駐日モンゴル特命全権大使のご挨拶をいただきました。

(平成25年3月12日) 参議院議員会館会議室にて

「県選出国会議員と県森林組合連合会との意見交換」

(挨拶する岩城。左隣に國井会長)
県選出国会議員が要望を伺い、その後、意見交換をいたしました。森林・林業分野への賠償は、他と比較しても遅れております。要望の項目は、①山林や立木の賠償基準を早急に制定すること。 ②森林・林業再生対策を全県下で事業実施できる制度にすること ③樹皮(バーク)の処理について、国等が支援すること ④森林除染の方針を示し、速やかに実施すること、です。

(平成25年3月1日) 自民党本部会議室にて

「東日本大震災復興加速化本部 総会」

(正面に岩城。右隣に大島本部長)
これまでの、被災地からの要望・視察・有識者からの意見などをまとめ、安倍総理に提出する提言の素案を示し、各議員から意見を聞きました。
A4・16ページにわたる提言案には、広範囲にわたる内容が盛り込まれており、大島本部長をはじめ、メンバーの大震災からの復興にかける強い思いが表れています。