国会での活動

(平成25年9月30日) 立川ワシントンホテルにて

「東京国体・福島県自転車競技選手団への激励」

(福島県選手団に激励の挨拶をする岩城)
54年ぶりに東京都で行われた国体です。自転車競技に出場する福島県選手団の激励に、立川市の宿泊先へ駆けつけました。
今国体の自転車競技で、福島県選手団は、成年男子30kmで緑川竣一選手が2位、4km団体追抜競争で3位、少年男子1kmタイム・トライアルで、西尾滉平選手が3位などの成績を残しました。大震災後、競技施設や道路が被災を受け、思うような練習ができなかったにもかかわらず、各選手は持てる力を発揮してくれました。今後一層の健闘を祈ります。

(平成25年9月26日) 野田毅先生事務所にて

「復興特別法人税の前倒し廃止反対の要望」

(自民党県選出国会議員団として、野田税調会長へ要望)
自民党税制調査会長の野田毅先生へ、県選出国会議員団として、申し入れを行いました。
安倍内閣は、経済再生と財政再建の両立を図る施策展開の一つとして、復興特別法人税を前倒し廃止しようとしています。国民が皆で痛みを分かち合おう、復興へ向けて絆を深めようという意味で導入されたものであり、個人に関わる復興特別増税はそのままで、法人に関わる税だけが廃止されることは納得できるものではありません。被災地、特に復興まで長い年月を要する福島県民には大きな不安となります。

(平成25年9月26日) ルポール麹町にて

「福島県商工会連合会役員と県選出国会議員との意見交換会」

(轡田会長より要望書を手渡される)
商工会が抱える懸案事項につきまして、福島県商工会連合会(轡田倉治会長)正副会長と、県選出自民党国会議員団(団長:岩城)との意見交換会が行われました。
1.福島の早期復興・再生について 2.復興・再生に向けた原子力損害賠償に対する支援について 3.被災地域等事業者の事業再生に伴う支援策の拡充強化について 4.原発事故の影響による風評被害払拭等のための事業予算の確保について 5.商工会における企業支援機能強化関係予算の確保について 6.JR只見線の早期復旧運行について要望があり、その後、意見交換を行いました。
切実な思いに応えるべく、自民党国会議員団としても力を尽くしてまいります。

(平成25年9月25日) 自民党本部会議室にて

「自動車議員連盟 総会」

(額賀議連会長のご挨拶 右端に岩城)
今年の税制改正を前に、日本自動車工業会、日本自動車会議所など自動車産業の中核となる7団体と、議連(会長:額賀福志郎衆議院議員)メンバーが、政策懇談会を開きました。主な要望内容は、次の通りです。消費税8%時点で自動車取得税の3%引き下げ・消費税10%時点で自動車取得税の確実な廃止、軽四輪・二輪自動車・原付自転車に関する軽自動車税の現行維持、中古車に対する消費税の特別措置、自動車関係諸税の簡素化、などです。

(平成25年9月3日) 経産省大臣政務官室にて

「東電福島第一原発事故被災市町村議会連絡協議会 中央要望」

(平 将明大臣政務官に要望書を渡す、飯館村の佐藤長平協議会会長と協議会の役員・幹事の各市町村議長)
双葉郡8町村に飯舘村・川俣町・南相馬市・伊達市・田村市の13市町村が標記協議会を組織しております。東京電力本社・経産省・環境省・復興庁を訪れ、要望いたしました。
〇土地・建物など財物の損害賠償 〇精神的損害賠償及び補償 〇放射性物質の除染対策 〇被災者の生活再建及び住宅・経済再建の支援 〇中間貯蔵施設 〇最終処分場の早期方針決定 〇漁業再開への支援 〇風評被害対策の強化 など、20項目に関する要望です。