国会での活動

(平成24年2月13日) 虎ノ門・自転車会館にて

「自転車市民権宣言大討論会」

(自転車活用推進議員連盟の事務局長として、シンポジウムに参加)
(約15000人の署名を、元F1ドライバーの片山右京さんより預かる。)
シンポジスト 片山 右京 (第4代自転車名人・元F1ドライバー)
(敬称略) 古倉 宗治 (住信基礎研究所 研究理事)
鈴木 美緒 (東京工業大学大学院理工学研究科 助教授)
馬場 直子 (毎日新聞編集局 社会部記者)
小林 成基 (NPO法人 自転車活用推進研究会理事長)
昨年秋の、自転車は、車道を通行するように、との警察庁の各都道府県への通知が、混乱を招いているところがあります。この日の、それぞれのお立場からの論議(国家戦略の中に自転車交通を組入れる等)、総合的な交通政策に活かしてまいります。

(平成24年2月8日) 自民党本部にて

「参議院政審・勉強会」

「デフレ問題とそこからの脱却」と題して、京都大学都市社会工学専攻の藤井聡教授の講演を伺いました。 現在の日本を覆う“デフレからの脱却”をメインテーマに、大変示唆に富んだお話をいただきました。
危機的状況にある日本経済を立て直すための方策を探る政策勉強会は、今後も開催してまいります。

(平成24年2月2日) 立川市西立商店街にて

「福島応援館オープニング・セレモニー」

(オープニングセレモニーで挨拶)
東京都の立川市に、「福島応援館」ができました。2010年に、「福の鳥プロジェクト」が発足し、「福島の地域興し」を目的に、福島の新しい食文化や伝統的物産の紹介に取り組んでこられました。昨年3月の大震災後、「福の鳥プロジェクト」運営事務局が、“地域興し”から“地域復興”に目的を替え、「子どもたちに笑顔を」として活動を続け、西立商店街の応援をいただき、「福島応援館」を開いたものです。 福島の“食の安心・安全”を首都圏の皆様に発信し、福島の食文化を守りつつ、ふるさと・ふくしまの復興の一助としたいとの思いです。 私達も、できる限りの支援をしてまいりたいと考えております。